Bath time with essential oils
 最近はまた良く運動しているため、入浴剤にはもっぱらエプソムソルトをチョイス。  エプソムソルトには、 デトックス効果や筋肉痛などの痛みを和らげてくれる効果 があるよ。それから私は冷え性でお風呂に入っても出たらすぐに足が冷たくなったりするんだけど、エプソムソルトを入れたお風呂に入ると湯冷めしにくく足がずっとあったかいの!おかげで眠るときも気持ち良く寝れる。肌もツルツルになるしね!  今回、最初の2週間続けて入ると効果を感じやすいという記事を見つけたので実験中。  まだ3日目だけど、お風呂上がりに変化を感じる。自然と習慣になりそう。

最近はまた良く運動しているため、入浴剤にはもっぱらエプソムソルトをチョイス。

エプソムソルトには、デトックス効果や筋肉痛などの痛みを和らげてくれる効果があるよ。それから私は冷え性でお風呂に入っても出たらすぐに足が冷たくなったりするんだけど、エプソムソルトを入れたお風呂に入ると湯冷めしにくく足がずっとあったかいの!おかげで眠るときも気持ち良く寝れる。肌もツルツルになるしね!

今回、最初の2週間続けて入ると効果を感じやすいという記事を見つけたので実験中。

まだ3日目だけど、お風呂上がりに変化を感じる。自然と習慣になりそう。

 それから、お風呂に入るときはアロマオイルも良く使う!  アーユルヴェーダの考えをもとに、ドーシャバランスに合わせて毎回香りを決めてる。   +忙しかった日の夜(ヴァータ):ラベンダー、フランキンセンス、ゼラニウムなど    +イライラしてしまう日(ピッタ):ラベンダー、ローズ、ペパーミントなど    +どんより重たい日(カファ):ローズマリー、レモン、ジュニパーなど   香りを嗅ぐだけで気持ちが切り替わったりするから不思議!香りは大切だよね。

それから、お風呂に入るときはアロマオイルも良く使う!

アーユルヴェーダの考えをもとに、ドーシャバランスに合わせて毎回香りを決めてる。

+忙しかった日の夜(ヴァータ):ラベンダー、フランキンセンス、ゼラニウムなど

+イライラしてしまう日(ピッタ):ラベンダー、ローズ、ペパーミントなど

+どんより重たい日(カファ):ローズマリー、レモン、ジュニパーなど

香りを嗅ぐだけで気持ちが切り替わったりするから不思議!香りは大切だよね。

 お風呂でパックするのも好きで、特にクレイパックがお気に入り。クレイパックをするときもエッセンシャルオイルをプラスしてる。  お気に入りのレシピはこちら:クレイ小さじ2、太白ごま油数滴、ラベンダーとゼラニウムを1滴ずつ。  乾燥肌や生理前にオススメのパックだよ!クレイパックって結構乾燥するイメージがあるけど、ごま油がプラスされることによってしっとりした感じになる。それがお気に入り!

お風呂でパックするのも好きで、特にクレイパックがお気に入り。クレイパックをするときもエッセンシャルオイルをプラスしてる。

お気に入りのレシピはこちら:クレイ小さじ2、太白ごま油数滴、ラベンダーとゼラニウムを1滴ずつ。

乾燥肌や生理前にオススメのパックだよ!クレイパックって結構乾燥するイメージがあるけど、ごま油がプラスされることによってしっとりした感じになる。それがお気に入り!

Anna KaneharaComment
Spring Digestion

3月から6月は春の季節。アーユルヴェーダではそれぞれの体質の他に、ドーシャに合わせた季節の過ごし方も大事だと考えるよ!私たちの体の消化システムも季節に合わせて変化するもの。だから食事の内容を季節に合わせることで、身心共にバランスが整うようになるの。

春はカファの季節。カファは「重・冷・油」の性質を持っている。カファバランスの乱れの症状として、寒さ、咳、アレルギー反応、抜けない疲労感、うつ病、体重増加などがあげられます。それをバランスする食事は、辛味・苦味・渋味 / 軽・乾・温の性質を持つもの。例えば、苦味のある野菜や季節の野菜を使った野菜炒めや、スープなどが◎

反対に避けるべき食べ物は、甘味・酸味・塩味 / 重・冷・油。揚げ物やアイスクリームなどの冷たいものや、重たい乳製品などは避けた方が良いよ。実際、春にこのような食事をしていると、鼻が詰まったり朝だるくて起きられないということが起こるから実験してみるのも良いかも!

それから日本に昔から伝わる食後のお茶の習慣は、とっても良いこと。この時期だけに限らず食事を苦味で終わらせることは過食予防にもなるよ!

春は運動することも大事で、に体を動かすことで体内の血流を良くして滞った気の流れも良くするように心がけてみて。

とにかく朝に疲れが抜けない人や、やる気が出ない人、花粉などでお悩みの方は、とにかく夜ご飯を軽めに消化しやすい内容に変えるだけで次に日の寝起きが変わります。寝る前に重い食事をすることによって体の消化システムは休む暇なく働いていることになって、体のエネルギーを使うの。働きっぱなしの内臓が疲れていたらあなた自身が疲れているのも当たり前。毎日できなくても、たまには内臓をお休みさせる日も作ってみてね!

Anna KaneharaComment
FIND YOUR BODY TYPE

アーユルヴェーダの知恵を実際の生活で活かすには、まず自分の体質を知ることから始めましょう!自分の体質を知ることによって、どんな食事や運動やケアの仕方が自分に合うのかが分かるようになるよ。

アーユルヴェーダでは体質のことをドーシャと言います。ドーシャにはヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)という3つの種類があり、すべての人に存在するエネルギーの種類。人それぞれ偏りやすいドーシャがあり、それをその人の体質として見ます。それは占星術にも似ていて、タイプ別に説明することができるのが面白いところ。そしてアーユルヴェーダでは増えすぎたものが毒素になり、バランスを崩したままにしているとそれが将来的に病気の原因に繋がっていくと考えます。そのため、日頃からセルフケアしてバランスを整えてあげましょう。アーユルヴェーダでは「すべてはバランス」と考えます! 

ドーシャの簡単な特徴はこちら

自分のドーシャを調べる方法は、ネットで出来るので検索してみてね!ただし、ネットで分かるのは今のあなたの状態と言われています。いつか、本来の生まれ持った体質を知るためには、専門的なドクターに診てもらうことをオススメします。

私はヴァータ・ピッタ体質で、ヴァータが乱れやすい人。ヴァータが乱れてくると肌は乾燥しやすくなって、集中力に欠けることが多々。そおなってきたらサインを見逃さずにセルフケアするようにしてるよ。

例えば、ヴァータをバランスする方法

+ Keep a regular routine - 規則正しい生活を送る。毎日決まったルーティーンを行うだけで気持ちが落ち着いてくるよ。

+ Plenty of rest - 十分な休息をとる。特に夕方に休憩をとるのと、就寝前!

+ Keep warm - 体が冷えないように温かくする。お風呂に入るのが1番の方法!

+ Eat warm food & spice - 食べ物も飲み物も、温かいものを。生野菜のサラダやスムージー、アイスクリームなど冷たい食べ物は控える。

+ Keep calm - 緊張や刺激を避ける。騒がしい音楽や映画、長時間のテレビ鑑賞も避ける。

+ Oil massage - アビヤンガと呼ばれる、太白ごま油を使ったオイルマッサージはしっとりして本当に気持ちが良い!マッサージというよりオイルを体に塗っていくだけなのだけど、オイルを通して自分自身に愛を与える効果があるとも言われてるの。これについては、また今度詳しく書きます!

こんな風に日常の不調は自分でケア出来るようになるのが、アーユルヴェーダのすごいところ!しかも何も新しいわけじゃなく当たり前のように知っている知恵ばかり。無限にある知恵を今後も少しずつシェアしていきます。みなさんもまずは自分の体質を調べてみてね!

Anna KaneharaComment
FOOD MEDICINE
 美容と健康はもちろん、日々の不調は口にするものでケアできるというのが "Kitchen Pharmacy" のモットー。自然の食材と同じくらい、スパイスも体をバランスすると考えています。何より、スパイスを加えた料理は美味しさが増して最高だよ!  まず押さえたい、オススメの簡単に使えるスパイスをご紹介します。私も日常使いしているベーシックなもの。  +  塩  - 料理をするのに欠かせないもの!私は普段からミネラルの多い ヒマラヤピンク岩塩 を使っています。塩気が強いので使う量が少なくて済むよ。  +  ターメリック  - ターメリックはみんなの常備スパイスとしてキッチンに置いて欲しいもの。スクランブルエッグや魚料理、スープに混ぜたりと何にでも合う。天然の抗生物質とも言われているほど殺菌力に優れているのと、消化を助けてくれる効果も。  +  カルダモン  - 安眠に効果あり。コーヒーに+するとカフェインを抑えられるとも言われてるよ。  +  シナモン  - ドリンクに使うことが多い。この体を温めるスパイスは抗酸化物質で満たされており、抗炎症作用と血糖値の安定させます。  私は、近所のインディアンマーケットでスパイスを買うのが好き。オーガニックで、できるだけ加工などされずにナチュラルな品質のものを選ぶようにしています。でも、もしスパイス初心者なら、まずは品質など気をつける前に日常使いすることに慣れるほうが大事だと思うので、身近で簡単に手に入るものからスタートするのが良いと思います。私は買ってきたら、瓶に詰め替えて棚に収納しています。スパイスは最低でも1年は持つよ。状態をよく保つためには、直射日光の当たらない涼しくて暗い場所に保管するのが◎ 最近新しく作った棚。これからもっと内容を増やしていくのが楽しみ❤︎ またアップデートします!みなさんも気軽に取り入れてみてね!

美容と健康はもちろん、日々の不調は口にするものでケアできるというのが "Kitchen Pharmacy" のモットー。自然の食材と同じくらい、スパイスも体をバランスすると考えています。何より、スパイスを加えた料理は美味しさが増して最高だよ!

まず押さえたい、オススメの簡単に使えるスパイスをご紹介します。私も日常使いしているベーシックなもの。

+ - 料理をするのに欠かせないもの!私は普段からミネラルの多いヒマラヤピンク岩塩を使っています。塩気が強いので使う量が少なくて済むよ。

ターメリック - ターメリックはみんなの常備スパイスとしてキッチンに置いて欲しいもの。スクランブルエッグや魚料理、スープに混ぜたりと何にでも合う。天然の抗生物質とも言われているほど殺菌力に優れているのと、消化を助けてくれる効果も。

カルダモン - 安眠に効果あり。コーヒーに+するとカフェインを抑えられるとも言われてるよ。

シナモン - ドリンクに使うことが多い。この体を温めるスパイスは抗酸化物質で満たされており、抗炎症作用と血糖値の安定させます。

私は、近所のインディアンマーケットでスパイスを買うのが好き。オーガニックで、できるだけ加工などされずにナチュラルな品質のものを選ぶようにしています。でも、もしスパイス初心者なら、まずは品質など気をつける前に日常使いすることに慣れるほうが大事だと思うので、身近で簡単に手に入るものからスタートするのが良いと思います。私は買ってきたら、瓶に詰め替えて棚に収納しています。スパイスは最低でも1年は持つよ。状態をよく保つためには、直射日光の当たらない涼しくて暗い場所に保管するのが◎ 最近新しく作った棚。これからもっと内容を増やしていくのが楽しみ❤︎ またアップデートします!みなさんも気軽に取り入れてみてね!

WELCOME TO THE KP

キッチンファーマーシーでは自然の知恵アーユルヴェーダをベースに心と体の健康を作り出すことにフォーカスして、日常のライフスタイルを発信していきます。健康とは、食事やセルフケアなど毎日の自分の選択から作るもの。決して体に良いと言われるものだけを取り入れることが健康ではないと私は考えています。本当の意味での幸せと健康を手に入れる秘訣は、自分に合う食べ方、運動法、ライフスタイルを見つけること。アーユルヴェーダでは全てはバランスと考えます。私たちはみんな生まれ持った体質(バランス)を持っていて、そのバランスが崩れることで体や心に小さな不調として現れる。食事や環境、毎日の生活の中で乱れるバランスを整える方法を知ることで自分で自分を癒すことができる。まさにセルフケアなんです。ここでは私が実際に学んだり実践しているたくさんの知恵をシェアしていきます。みんなもそれぞれ自分に合ったオーダーメイドのライフスタイルを見つけ出せますように。