インスタライブ

先日、初めてヒコさんとインスタライブをやりました!

small.jpeg

ヒコさんとは、共通の友人を通して出会ったのが今年の春。マンツーマンのヨガセッションをしてもらったのが最初です。ヒコさんとのヨガは今までやってきたような、グングン進みながら大胆なポーズをやるというよりも、ゆっくりと優しく体を緩めて開いていくようなそんな感覚の気持ち良いヨガセッションでした。 キツくなさそうに見えるポーズでもなぜか出来ないものがあり、自分の体の弱い部分を発見するキッカケにもなりました。 そして私が一番衝撃を受けたのが、ヨガセッションの後のサウンドバスです。 クリスタルボウルや色んな楽器を使って音を奏でてくれるのですが、その音が脳に直接響いて意識がトリップする感覚になったのです。 究極の瞑想方だと思いました!! どこでもない、でも音のように美しい場所に意識が移動して、そこでしばらく洗われてリフレッシュしてまた体内に戻って来る、そんな感覚。 ぜひ皆さんにも体験してみてほしいです!!

ヒコさんのブログも要チェック! サウンドバスやマインドフルネスについて知れますよ!

https://ameblo.jp/hikokonami/

そんなヒコさんと話していた体のことや、マインドの在り方など何気なく話していた内容が面白くて、みんなにも聞いてほしいねって事で、インスタライブをやる事になりました!

前回は瞑想の話をメインに、アーユルヴェーダやサウンドバスの話などをしました。 お互いの瞑想のやり方とか、話しているといつも新しい発見があって楽しいの💕

そしてまた、12月22日、土曜日の夜10時半 (日本時間) からインスタライブ第二弾やりまーす! 今回は特にテーマは決まっていないのですが、きっとまたマインドフルネスについて語り合うことになるんじゃないかな?笑

ここ最近、本当にセルフケアの大切さを身に沁みて感じます! みんな自分の体にもっと優しくしなきゃね!

私のインスタから観れるので、もし興味のある方は是非遊びに来て下さいー!

https://www.instagram.com/annakanehara/

【セルフケア】不眠

美容と健康のために大切な三大要素。

それは、食生活、運動、睡眠


アーユルヴェーダでは、睡眠は*オージャスを高めるためとても大切だと言われています。

このオージャスが増していると、寝ている間に日々のストレスなどを取り除き、同時に体の免疫力を高める働きをしてくれます。 

(*オージャス = 生命エネルギー。 これが高い人は体に力がみなぎり、精神的にも安定してキラキラした人になる)

寝溜めは良くない?

長時間寝る事や、寝溜めをすることは体にとって不健康な行動。 長時間寝る事は、体の自然のサイクルを無視することになり、体全体の働きを妨害してしまうのです。 そのため寝すぎると、体の痛みや鈍い感覚、頭痛などの症状が現れます。

体質別、正しい睡眠

アーユルヴェーダはドーシャ別にケアするのが得意。 一言に不眠と言っても人によって悩みは違うはず。 症状に合わせて、食事と生活習慣を気を付けてみて下さい。

——————————

【ヴァータ】

不眠症、なかなか夜に寝付けない人はヴァータのバランスを崩しているサイン。

 

Diet : 冷たく、乾燥したものよりも油などで炒めたり煮込んだりした温かい食事が◎ 冷たく乾燥した軽い食事はヴァータを増加させます。 生野菜のサラダなどは特に避けるべき。 甘味、塩味、酸味、重性、油性、温性を選ぶことがポイントです。

Lifestyle : 寝る前にハーブティーや、カルダモンミルクを飲むと高まったヴァータを落ち着かせてくれます。 手と足にラベンダーオイルを塗って簡単なマッサージをしてからベッドに入る◎

————————————

【ピッタ】

夜中に何度も目が覚めてしまう人はピッタのバランスを崩しているサイン。

Diet : あまり熱すぎるものや辛いもの、塩味、酸味の強いものは、なるべく避けましょう。 反対に、ピッタを冷ます効果のある、甘味、苦味、渋味はオススメです。 緑黄色野菜や抹茶など◎ つねに体を涼しく保つことを意識してください。 (冷たい物をとるという意味ではありません)

Lifestyle : 上がりすぎたピッタを落ち着かせるために、寝る前にデーツミルクシェイク (デーツとお好みのミルクを混ぜるだけ) を作って飲んでみる。 寝る前にココナッツオイルで手と足をマッサージする◎

———————————-

【カパ】

朝起きてもなかなかやる気がでない人はカパがバランスを崩しているサイン。

Diet : 揚げ物や冷たい食事を避けて、蒸したものや焼いたり、温かい消化しやすい食事が向いています。 特に朝は温かい野菜スープなどが◎ 甘味、塩味、酸味を避けて、辛味、苦味、渋味を選ぶのがポイント

Lifestyle : 寝る前に手と足をアーモンドオイルでマッサージする。 このとき、シトラス系のオイルを混ぜても◎

——————————-

現代のライフスタイルは、パソコンやスマホ、テレビなどで目や神経を酷使しがち。 そのため肉体疲労と神経疲労のバランスが乱れています。 それが不眠の大きな原因。 自然な眠りにつくためには神経疲労ではなく、 体を動かして肉体的な疲労感を感じることも大事。

たまには、夜ご飯を消化しやすい軽めのものにして、長風呂は避け、高まった神経を落ち着かせるために寝る前に手と足にオイルを塗って、早めにベッドに入ってみて下さい!

small.jpeg

お気に入りオイル。 香りが最高♡

http://www.johnmasters-select.jp/s/f/dsg-113?dispNo=001001002005

【セルフケア】ニキビ

ニキビがあると、それだけで気分が良くない。

18歳の時から繰り返し起こるニキビに悩まされ、良いと聞いた皮膚科やコスメ、食事法は全部試したけど、最近になるまで治ることは無かったし、原因も何か分からなかった。

それがアーユルヴェーダを知ってから、ニキビの種類と体のエネルギーを知って全てが繋がった。 私の場合は、赤くて痛いニキビが多かったんだけど、体質的にもピッタだしその時はストレスも多く、文句やイライラがあっても自分の感情を表に出すことが苦手でした。 そのストレスが原因で肝臓が酸性になりすぎてた。(これもまたピッタ) 人間って肝臓が元気じゃないと色々と不調が起こるんだよね。 私の場合はピッタのエネルギーが上がりすぎたしるしがニキビだったってこと。

今でも免疫が下がっているときや、生理前になると出来たりするけど、原因と種類を理解してセルフケアするようにしています!

今日はその方法を全体的に少しご紹介。

small.jpeg

【ヴァータ ニキビ】

いわゆる白ニキビ。小さくて痒みを伴うやつ。

皮膚の乾燥と弱い消化力が原因。 または、ストレスや便秘からなる場合もある。

オメガ3などの良質なオイルを取り入れると◎

Food care

・水をたくさん飲む

・アボガドや甘味のあるフルーツ◎

・逆に乾性のドライフルーツは避ける

・朝ご飯の後と夜寝る前に、フラックスシードオイルを大さじ一杯飲む

Skin care

白ニキビが出来るのを防ぐために、2週間に1回くらいフェイススチームをして毛穴を開いてから、スクラブなので古い角質をケアすると◎

【ピッタ ニキビ】

赤く膨れた、炎症のあるにきび。 

体をクーリングを意識。刺激物は避けて、落ち着いた食事が◎

Food care

・辛い食べ物は避ける

・野菜や果物の自然な甘味でピッタを下げる

・冷性の食材を使った食事で、体をすずしく保つ

(冷たい物を取るという意味ではありません)

・アロエベラジュースを飲む

・ココナッツウォーター◎

・CCF TEAを飲む

(アーユルヴェーダでは有名な、コリアンダー、クミン、フェンネルを混ぜたスパイスティー)

Skin care

ココナッツオイルは冷性で殺菌作用があるので◎ 乾いた肌にココナッツオイルでクレンジングしてから石鹸で顔を洗う。 化粧水にローズウォーターを使う◎

【カパ ニキビ】

深部に根ざしたニキビ。 オイリー肌も原因のひとつ。 ピッタとは反対に辛いものを適量食べ、油分の多い食事を避ける。

Food care

・辛い食べ物を適量食べる

・温かい飲み物を良く飲む

・ジンジャー+はちみつティー◎

Skin care

お湯にペパーミントの精油を垂らしてフェイススチームをして毛穴を開いたら、はちみつと塩でフェイススクラブ◎

アロエジェルとターメリックを混ぜたものでフェイスマッサージ◎

クレイ+はちみつ+ローズウォーターを混ぜてペースト状にしたものでフェイスマスク◎

—————————

私が最近愛用してるのは、手作りのシンプルなニキビ撃退オイル!

small-1.jpeg

皮脂の生成バランスを整えてくれて、毛穴に栄養を与えてくれるホホバオイルに、殺菌作用のティートゥリーと消炎作用のラベンダーオイルを混ぜたもの。 トリドーシャ (全ての性質) アクネに◎

ホホバオイルは軽い性質で、肌にも吸収されやすくお気に入りです。

レシピ

ホホバオイル 50ml

ティートゥリー 5滴

ラベンダー 5滴

少しでも、参考になりますように!

【セルフケア】風邪予防

寒く乾燥する冬。
ますます風邪に気を付けたい時期。

最近はいろんな所で耳にするようになったアダプトゲン。 アダプトゲンとは、ストレスを軽減したり免疫機能を高める効果のある天然ハーブのこと。 新しいワードのように思うけれど、昔からアーユルヴェーダ医学や中医学で使われてきた歴史あるものなんです。

今回はアーユルヴェーダに欠かせないアダプトゲンをご紹介。

・ホーリーバジル (トゥルシー)

IMG_6485.JPG

免疫強化のため、もしくは風邪をひいた時にオススメなのが、ホーリーバジル。 頭痛や熱、鼻づまりを緩和してくれます。 他にも肝臓のクレンジングをする働きや、精神的なネガティブな感情を落ち着かせる効果も。

大人には、ホーリーバジルとはちみつを混ぜたドリンクを◎ 子供には、小さじ半分のホーリーバジルと生姜をお湯で割って飲ませるのが◎

*胃酸の逆流などピッタが上がってる人は注意を!
ホーリーバジルは温性なので、ピッタが上がっている方は、下げるものとブレンドして飲むと良いですよ。

IMG_6486.JPG

私はこちらの、ローズとカモミール入りがお気に入り。 お花系のものは何でもピッタを下げる効果があります。

やっぱりティーバッグは手軽で良いよね。 アメリカではホールフーズや、オーガニックストアなどどこにでも売ってるよ。 私もこの間風邪をひいた時に取り入れました。 喉から始まり鼻水と熱まで行くかなと思ったけど、約1週間で復活出来ました!今回は薬を一切飲まずホリスティックな方法で完治したよ!

風邪をひく前から、またはひいてしまった時にぜひ取り入れてみてね!

こちらも参考までに。

【セルフケア】のどの痛み

https://www.kitchen-pharmacy.com/blog-2/2018/10/21

【セルフケア】アーユルヴェーダで自分を知る

アーユルヴェーダは予防医学。 だけどそれだけに留まらず、アーユルヴェーダのエネルギー理論は自己発見に繋がるのがまた魅力のひとつ。

今日はアーユルヴェーダを通して自分を知ることについて。

small.jpeg

私の体質はピッタ(火)・ヴァータ(風)

これ!と決めたらすぐに行動に移すタイプ。 と同時に、あれもこれも気になったりと気分が変わりやすいところがあります。 新しいものも大好き。 頭はいつもフル回転で完璧主義と非常に性質を表した性格。(笑)

そんな中で細かく見ると、肌はピッタ消化はバランスを崩すとヴァータ的マインドはピッタ思考はヴァータかなと自分で解釈してる。

アーユルヴェーダの本を読むだけでは、そんな風に細かくは説明されていないけどドクターの元で勉強していて、全体的な体質だけではなく細部に渡ってドーシャエネルギーが分かれていることを知りました。

体質を知って何が変わるか

①自分自身への理解が深まる

ドーシャ (体質) の性質を理解することは、自分自身を理解することに繋がる。 性格なんかもドーシャに関係しているからね。 目標に向かって一直線に頑張ってる人を素敵だなと思いつつ、自分はあれもこれも興味が湧いてしまうのはヴァータの性質だなと理解すると、良い意味で諦めがついたりする。 (笑) 逆に好奇心旺盛で行動力があるのはヴァータの良い面だしね!

ドーシャの性質から見て、確かにそんな一面がある!と今まで気づかなかった発見があったり、改めて自分を知れたりするのは楽しい。 自分をもっと受け入れられるようになるよ! 

②自分に合ったセルフケアが明確になる

例えば私に良く起こることで言うと、思考が落ち着かない時。 あれこれ考えて、結局どれにも集中できないなんて事が良く起こる。 

そんな時はヴァータ (風) のエネルギーが上がっている証拠。 特に都会なんかはペースが早い。 そのエネルギーはまさにヴァータ的。 同じ性質のものが身体にも影響するというのがアーユルヴェーダの考え方。 その証拠に、自分の思考も落ち着かなくなる。

やる気スイッチ。 やる気はピッタのエネルギー。 燃えるような情熱に欠けてる時、ピッタをバランスしてやる気を出すの。 でも逆にエネルギーが上がりすぎると怒りっぽくなったり、中途半端な事にイライラしちゃうんだけど。

あとはニキビ。 18歳になったころから、それまで一切無かったニキビが何度も何度もできるように。 ニキビはピッタ (火) のエネルギー。 私はピッタの体質であり、ピッタの歳 (年齢もドーシャで分けられる) なのでアンバランスに要注意なんだよね。


ドーシャのアンバランスが分かれば、上に書いたような上がったヴァータを落ち着かせるために、日中なら仕事や家事をストップして、紅茶やコーヒーと甘いもので休憩を取ったり、瞑想をして1度落ち着くとか、夜ならばぬるめのお湯に浸かってからだを温めて、髪の毛 (頭) を洗うとか。 

ニキビに関しては、自分はピッタ肌だと知ってそれに合ったスキンケア方法 (メインはクーリング) や肌と関係のある肝臓のケア (酸性からアルカリ性へとPHレベルを整える) を行うことで克服できた。 

そんな風にセルフケア方法が明確になるのが楽しいんだよね!

おびただしい数の知恵があるために、アーユルヴェーダって難しく捉えがちだけど根本はとてもシンプル。 自分のドーシャバランス (体質) をベースに、それよりもエネルギーが上がりすぎる事によって身体に不調が表れる仕組みになっている。 そのアンバランスなドーシャに気づいて、バランスしてあげることがアーユルヴェーダ的セルフケア

アーユルヴェーダのドーシャ理論を知って、自分に当てはめてみるのってけっこう面白いよ :)


自分の体質はネットで調べる事も出来るけど、ちゃんとした人に見てもらって正確なチャートを出してもらうのがオススメ。 でも第一歩として、ネットでも是非調べてみてね。

アーユルヴェーダを生活に取り入れるには、まずは自分の体質を知ることから!

【アーユルヴェーダ】秋のセルフケア

季節変わって、本格的に寒くなって来ました。

秋はヴァータの季節

ヴァータは軽くて、乾いた動きの性質。

アーユルヴェーダでは同じ性質の物が、その質を上げると考えます。 なので、ヴァータの季節には身体的にもヴァータを崩しやすいとき。

【ヴァータアンバランスにみられる症状】

・肌の乾燥、かゆみ

・便秘

・お腹にガスが溜まる

・不眠

・落ち着かない

・不規則な消化

秋になって、急に風邪を引いたり、肌の乾燥や関節の痛みなどの小さな不調を感じる人も少なくないのでは?

季節がヴァータのエネルギーに変わると同時に、私たちの体に備わっている同じエネルギーが不安定になることで生じます。 どうやってケアするかは、とてもシンプル。 ヴァータと反対の性質で落ち着かせます

【ヴァータをバランスする行動】

・規則正しい生活

・からだを温かく保つ

・温かい食事や飲み物

・十分な休息

・瞑想をする

・オイル美容

毎日の瞑想や、生活の中で決まったルーティンを行うことで、ワサワサして落ち着かないのが地にしっかり足を付けてくれる感じです。 しっとり重たい質のオイルは、秋から冬にかけてのメイン美容として取り入れると◎

食事も生野菜のサラダやスムージーより、温かいスープや火の通ったホットサラダなどが理想。 料理にちゃんと適量の油を使う事も大切です。 おやつなんかも、ポテトチップスのような軽くて乾いたものより、しっとりしたクッキーなんかがオススメ。

この時期のポイントは、なんでも軽くて乾いた冷たい質のものは避けて、反対に温かくしっとりした重い質のものを選ぶと良いよ!

【セルフケア】冷え性

だんだん気温も下がり、冷える季節になって来ました。 手足、下半身全体の冷えがさらに気になりますね。

冷え性とは、一般的に体の循環がよく行われていない状態といいます。

アーユルヴェーダでは、ヴァータとカパの性質。

秋から冬にかけての体を温めるセルフケアはこちら!

・オイルマッサージ

small.jpeg

アーユルヴェーダで有名なのがオイルケア。

冷えを感じる人に簡単にできてオススメなのが、手のひらと足の裏をオイルマッサージすること。

特に足の裏や指先と指の間を良くマッサージするのがポイント!

ヴァータは乾いた冷たい性質なので、反対の重くて温かい性質のオイルを使うことでバランスを取って改善するよ。 (アーユルヴェーダの考え方)

アーユルヴェーダでオススメしているのは、高い抗酸化作用と温性の質をもつ太白ごま油

私は毎朝、人肌に温めたごま油を全身に塗ってから10分〜20分半身浴しています。 オイルを体に塗ることで、熱があまり奪われなくなるから保温効果があって、そおすると朝から体温が上がって1日温かく過ごせるの。 (保温効果、実感してます!)

太白ごま油の他に、ヴァータにオススメのオイルはアーモンドオイル、ココナッツオイル、マスタシードオイル、ホホバオイルなんかも◎

手元にあるオイルでさっそくトライしてみて!

・温かいものを取る

体の中の循環をよくするために、とにかく温かい食べ物や飲み物を選ぶことを心がける!

生野菜のサラダやスムージーではなく、火を通した野菜やスープとか温かいオートミール。 氷の入ったお水は絶対に飲まない!など、意識して体の中を温めたい季節。

・白湯を飲む

冷え性の人はあまりトイレに行かない傾向があるんだとか。 まさに私でした! (トイレに行くのがめんどくさいと思ってた)

白湯は体を温めるのはもちろん、内臓のデトックスをしてくれるので良いことだらけ。 朝起きてすぐにコーヒーを飲みがちだけど、まずは内臓も温かいお湯でシャワーを浴びたいわけ。

それから、温かい飲み物だからといってお茶をたくさん飲むのは要注意!! 紅茶やお茶の渋味は体を冷やす働きがあるもの。 あったかいものでもあまり飲まないようにした方が良いよ。 逆にお茶の飲み過ぎで冷えている人も多いみたい。

お白湯やハーブティーがベスト◎

・かかとソックス

small-1.jpeg

特に気になるのが足首周りの冷え。 足首周りは婦人科系のツボが集まるエリアでもあるから、温かく保つのは本当に大事なこと。

このかかとソックスはインスタでみんながオススメしていて知ったのだけど、本当に良い!!

ウェットスーツのような素材で出来ているので、このままプールにも入れちゃう。 本当にあったかくて履いてるとじんわり汗をかくこともあるくらい! 指先は開いてるから締め付ける感じも無くて、このまま寝ることも出来るよ。 本当にお気に入り。

こちらで買えます。

https://pubicare.stores.jp

*まとめ

冷え性のケアには、常温のお水や白湯を良く飲んでちゃんとトイレに行くようにする。 普段から温かい食事を心がけて、冷たい物はなるべく避ける。 紅茶やお茶の取りすぎにも気をつけましょう。 全身、または手足のオイルマッサージを実践してから、出来ればお風呂に入って体の循環を良くし温かく保つようにすれば、少しでも改善されるはず。

最近の私はオイルマッサージの時間が楽しみ! 保温効果と同時に毎朝しっとり温かいオイルに包まれて、美容効果も感じています! アーユルヴェーダでは全身のオイルマッサージのことをアビヤンガと呼ぶんだけど、これについてはまた改めて書きます〜〜。

【セルフケア】のどの痛み

数日前から久しぶりに風邪をひきました。

疲れが溜まってきていたところに、長時間外の寒い中で過ごしたり、夜更かししたのが原因だと思われます。

体は素直だね!

今回、のどの痛みを解消するために行ったセルフケアは

IMG_6241.JPG

・ターメリックラテ

天然の抗生物質です。 のどのイガイガには、炎症を抑える効果のあるターメリックがオススメ。

今回、家にあるものだけで作りました。

〈作り方〉

1カップ : オーツ麦ミルク(何でもOK)

小さじ1 : ターメリックパウダー

小さじ1 : すりおろし生姜

小さじ1 : メープルシロップ(他の甘味でも)

これらを全て鍋に入れて火にかけるだけ。沸騰直前に火を止めて、シナモンをすこし振りかけたら完成! ホットミルクは安眠にも効果があるから、寝る前に飲むのもオススメだよ。

IMG_6283.JPG

・ジンジャー+マヌカハニーティー

これはもう、誰もが知ってる黄金の組み合わせだよね! 体を温めてくれる生姜に、殺菌作用の高いマヌカハニーを入れて。 はちみつは傷んだ粘膜の修復も助けてくれるよ。

このYogi teaのジンジャーティーは、黒胡椒も入っていて少しピリピリする感じがお気に入り。 効く〜〜って感じるの!

IMG_6285.JPG

・ローズマリー+レモンの精油

こちらも殺菌・消毒効果で有名な、お決まりの組み合わせ。 アロマランプで焚いておくと、ホッとすると同時に家の中の空気感染も妨げます。

IMG_6282.JPG

・カリンのど飴

この夏、日本から帰って来る前にたまたまゲットしていたのど飴がとっても役立った!

ここ最近のど飴を買う時は、なるべくカリン入りのものを選んでる。 中国では2000年前から咳止めやたんを鎮める「のどの果実」と呼ばれるほど有名なんだとか。

他にも、あまり無理をしないとか、短い入浴で体を温めたり、早寝を意識していたよ。 そのおかげで喉は3日ほどで回復しました!!

13/ Making GHEE

みんな、ギーって聞いた事ある?

オイルの王様とも呼ばれているギーとは、精製された純粋性の高いオイルのこと。 無塩バターに含まれる水分やタンパク質などを火にかけて蒸発させます。 乳固形分と不純物を取り除くので、乳製品アレルギーがある方でも食べられるよ

食事や、美容、セルフケアにとマルチに使える、アーユルヴェーダでは欠かせないオイル!

最近はスーパーでも売られているのを見るようになった。 でも私はやっぱり自分で作ったギーが1番美味しく感じる。 作り方はとっても簡単なので是非みなさんも作ってみてね!

《ギーの作り方》

small.jpeg

無塩バターを鍋に入れます。

この時、底が白い鍋だと焦げ具合が見えて分かりやすいのでオススメ!

鍋に入れたら弱火で温めていきます。バターが溶け切った後、クリームみたいな泡が浮き出てくるよ。

small-1.jpeg

それから、大きな泡になってしばらくすると細かな小さい泡に変わっていきます。

この時、私は表面の泡をスプーンで少しだけ取り除きます。

もうね、部屋中甘い香りに包まれて至福だよ。。。♡

small-2.jpeg

泡が小さくなったら完成のサイン。 黄金のオイルの底がきつね色になってくることもあるけど、慌てずに火を止めます。

完成したら、ガーゼなどを使って分離した不純物とオイルを分けるんだけど、私はこの時コーヒーフィルターを使ってます!

small-3.jpeg

冷めたら蓋をして、普段は常温保存でOK!夏場は念のため冷蔵庫で保存してる。

これだけ。 簡単でしょ?

私は朝スクランブルエッグを作るときに、必ずギーを使うんだけど、ふわっふわですごく美味しくなるよ! あとは普通に炒め物に使ったり、トーストに塗ったり、パンケーキに使ったり。 茹でたさつまいもをギーで炒めるのもお気に入り!簡単にスイートポテトが作れちゃう♡

ギーはダイエット、美容効果、老化防止に効果があるよ。腸内環境も整えてくれるので、便秘にも◎。免疫力、消化力も上げてくれるので毎日定期的に摂るのがオススメ!

ギー独特の甘い香りは、嗅ぐだけでもドーシャのバランスが整うと言われています。本当になんとも言えない甘い香りなの!ほわ〜んとします♡

ぜひ、試してみてね〜〜!

12/ September

夏休みも終わり、ニューヨークに帰ってきました!

非常に暑かった、日本の夏。ローズウォーターとペパーミントオイルで何とか乗り越えたよ。本当に暑かったね!

8月末からすでに、9月のセルフケアは何をしようかな〜なんて考えていたのですが、夏の疲れが溜まったところに、季節の変わり目も重なるので体調を崩しやすいことも想定して、やっぱり夏の疲れを解消しないとね!

アーユルヴェーダ的、夏の疲れ解消法

白湯を飲む

暑い日が続いたので、どうしても飲む物が冷たいものばかりだった。 氷の入ったお水や、冷たい麦茶にアイスコーヒーなど。 お酒も飲んだしね。

楽しい行事続きの日々は終わったし、外の気温もだいぶ和らいできたので、また意識して白湯を取り入れています。 朝起きた時や、夜寝る前など新鮮なお水をヤカンで沸かして内臓にあたたかいシャワーを浴びせるように。 そうして、体を温めながらデトックス!

お風呂に入る

夏で暑かったとはいえ、クーラーや冷たい飲食により実は体は冷えています。 少しぬるめのお湯を溜めて、しっかり体を温めるよ!

下半身が上半身よりも冷たい時点で、体が冷えている証拠。 下半身が温かい状態でないと、何かと不調が出やすくなるので、しっかりあたためてね!

私は、朝〜夕方の間に入る時はエプソムソルトを入れてしっかり20分半身浴して、たっぷり汗をかきます。 入浴時間が8時を過ぎる場合には、リラックスできる入浴剤を入れて5分〜10分のみ。 アーユルヴェーダでは、夜の入浴は疲れを癒してリラックスするのが理想。 遅い時間にあまり長くお湯に浸かっていると、体も頭も冴えてきちゃって活動的になってしまい睡眠の妨げになると言われてるよ。 確かに熱いシャワーを浴びると目が覚めるよね! なので逆に、熱いシャワーやお風呂は朝の目覚めにオススメ◎

オイルマッサージ

アーユルヴェーダでいうセルフアビヤンガ。 太白ごま油を使ったオイルマッサージで抗酸化作用が高く、若返りの方法とも言われてるよ!

マッサージというよりも、人肌に温めたオイルを体に塗っていくんだけど、甘くてあったかいオイルに包まれていく感じがとても心地良いの。 肌はピカピカになり、精神も落ち着く、癒しのマッサージ。 バランスを崩しやすい9月はこれをやる事が最も大切だと感じてる!

オイルマッサージの事は、この本に分かりやすく書いてあるよ。

オイルマッサージの事は、この本に分かりやすく書いてあるよ。

それから、全身やる事が出来なくても、頭や足のみでも効果は絶大!!

これは、ニューヨークにあるアーユルヴェーダスパで買えるオススメのオイル。 ローズやラベンダー、カルダモンなどがそのまま入ったオイル。

これは、ニューヨークにあるアーユルヴェーダスパで買えるオススメのオイル。 ローズやラベンダー、カルダモンなどがそのまま入ったオイル。

時間が無い時や、早く寝たい時などにこのオイルをパパッと脚に塗ってる!

https://www.pratimaskincare.com

チェックしてみてね!

疲れは溜めたままにせず、毎日解消していきましょう〜〜!!